2016/03/31

物件騒動、決着す

どうもです~

3月は物件がなかなかみつからず、不動産屋さんを右往左往する状況が続いていたのですが、
先ほどけりがつきました。

狙っていた物件は、他のお店がはいっていて、そのお店のお引越し待ちみたいな感じで、
しかも、ややもすると、他の人に又貸ししちゃうかもしれないという状態でありました。

明日で4月になるいま、最後の神頼みで神社で願掛けをしましたところ、
帰宅後すぐに不動産屋さんから連絡があり、その物件が空いたとのこと。

ここまでくると、もはや、見えざる大いなる力の存在を信じざるを得ません。

明日内見に行くのですが、よほどのことがない限り、これで決めるつもりです。
物件がないんじゃあなにも始まりませんから、肩の荷が一つおりたような気分です。

「明日が楽しみ」なんて、
2月からニート生活をしている私にとって久々の感覚です。

待ってろよMAGIC!!

2016/03/16

店子のありかた2

どうもです~

先日の投稿を読んだ友人からメッセージがきて、「カタすぎ」と一言お見舞いされました。。
同伴のときの上手なおごられ方とか、飲みゲームのかわし方とか、
喉に残らないお酒の吐き方とか、色と本気の見分け方とかその引っ張り方とか、
もっと実用的なことを書けと。

でも、こんなの、全部書いたら、なんだかゲイバーという世界が白けて見えちゃう気がする。。
いつの世も、果てを見たらそれは終わるのです。
果てよりも夢をみたいじゃないですか(笑)

いまずっと家で映画を観まくる生活を続けているのですが、そこでふと考えたことをひとつ。
店子のなかには、カウンターを舞台、そこに立つ自分を演者と捉えて仕事をする種族が一定数います。
劇場型店子と勝手に呼んでいるのですが、それを3つに大別できるなあと思ったので書いてみます。

まずはコメディ型、コメディ型は笑われてナンボ。
日常生活でもネタ収集を欠かさず、開口一番「こないだね、すごいことがあったの」と近況報告。
笑いのためならヒール役でも買って出ます。

お次はシリアス型、シリアス型は同情が糧。
報われない私生活を洗いざらい(あまつさえ色まで付けて)告白し、「ひどいでしょ」とダメ押し。
他者からの憐憫は「オイシい」に変換されます。

最後にSF型、SF型は没個性が敵。
正論勝負などははなからアウトオブ眼中で、斜め上から目線で話を袈裟切り。
「その発想はなかった」が最高の褒め言葉。

みなさんの周りにもこういう店子さん、いませんか?
ちなみに私はどれかといえばコメディ型だと思います。シリアス型もちょっと入ってるかな(笑)

どうでもいいのですが、シリアスと打ち込みながらずっとシアリスというED治療薬に空目しています。
もちろんと、もろちんの理論ですね。

視覚は簡単に錯覚するという確証が得られたところで、失礼いたします。

劇終

2016/03/15

店子のありかた

どうもです~

前のお店を辞めてからはや1ヶ月、貯金を切り崩し霞を食べて生きております。
何もしていないわけではないのですが、
やらなくてはいけないことがなくなると、逆に、なにをしていいのかがわからなくなりますね。
それはまるで、自由のように。

ちまちま飲み歩いてはおりますが、内装とか設備などが気になって、
純粋に楽しむ感じではなくなってしまいます(笑)

店子のスキルとして、飲める、喋れる、見た目がいい、の
どれか一つは備わっているべきとよく言われますね。

初めてのお店も含め何件か回って私が考えるのは、
飲めるというのは、ただ単にお客さんのお酒をガブガブ頂きまくってボトルを空けさせるというより、
酔わせ甲斐があると思わせることが巧みである、というところにフォーカスされるものなのかなと思います。

喋れるというのも、身の上話をただまくし立てるだけでは話し上手ではなくて、
お客さんの話を引き出すのが上手い、というスキルが求められる気がします。

いちばん単純明快でかつ残酷な要素は容姿なのではないでしょうか。
容姿は視覚に訴えかける最たるものですし、関係性を築く方向を間違えると最も分かりやすく空回りします。
美醜はもちろんですが、自分のルックスがどの位置にあるのかという自覚と、
他者からの評価をフィックスさせることができてはじめて「見た目で食べられる」のだと思います。

ここで私が言いたいのは、店子はこのすべてをクリアすべきということではなく、
「こいつと飲んでると楽しい」に集束していくためのルートは、何通りかあるということです。

周りの人によく言われるのは「見た目のいい子を時給高めにしてでも入れなさい」なのですが、
私はあまりそうは思わなくて、容姿の美醜はあくまで付加価値的な要素でいいかなと考えています。

……などと偉そうに書きましたが、私はどの項目に関しても中途半端です。
いわゆる器用貧乏で、どれかが突出しているわけでもなく、まったくできないわけでもなく。。
接客するたびに、自分の不甲斐なさを確認します。
これからはお手本として振る舞う立場になるので、精進精進。

劇終

2016/03/10

昔の名前で出ています?

どうもです~

前のお店を辞めてからというもの、怒涛の如く体重が増えております。
私はもともと細身なのですが、1ヶ月で8kgほどプラス。いまや58kgに。
こんなんじゃお嫁にいけない。。。。

お嫁にいけないといえば、本名で水商売をやるとそうなるともいわれますね。
実体験から、なんだか本当な気がするので、お店をやるときは源氏名でやろうかなーと思いますが、
なかなかいい名前が浮かびません。
あんまり考えすぎずに、姓名判断とかでパッと決めちゃおうかな。。

ときに、ロゴが完成しました。



アレイスター・クロウリーの六芒星です。
外看板は絶対にネオンにしたいので、ドア前やフライヤーとかにしか使わないと思いますが、
我ながら、なかなかマジカルな感じに仕上がったかなあと。
お店の名前が名前だから当たり前か(笑)
妖しさとキャッチーさがカオスするお店になるように願いを込めて。。
イメージカラーはオリーヴグリーン。

残るはサイトですが、このブログの延長みたいな感じにしようと思います。
トップにリンクを張って、その記事に飛ぶみたいに手抜きブログの利点を活かしたいと考えています。

最後にアレイスター・クロウリー「法の書」の一節で締めくくります。

Do what thou wilt shall be the whole of the Law.
(汝の意志する所を為せ、それが汝の法とならん。)

劇終

2016/03/08

SYSTEM



対面鑑定

1枠60分 15,000 JPY (ご延長は10分ごとに2,500 JPY)


タロットカードや西洋占星術、姓名判断や人相術などを用いて、
あらゆるご相談を鑑定いたします。
時間内でしたら何件でも占えます。
鑑定場所は新宿二丁目の店舗をご案内しておりますが、23区内であれば出張も承ります。
(出張の際の交通費はご負担をお願いしております)

店舗鑑定ではワンドリンクオーダー(1杯1,000 JPY)をお願いしております。
予めご了承のほどお願い申し上げます。


鑑定におけるお願い


※命の生死(妊娠・出産なども含みます)や医療分野に関する内容、
投資、ギャンブル、宗教、政治、または日本国の定める法に反する内容、
これらに関するご相談はお断りしております。


※対面鑑定は、私とお客さまの一対一が基本の形となりますので
ご友人や恋人同士でのご同席による鑑定に関しましては、
1名さまにつき鑑定料の半額を同席料として頂戴しております。

※鑑定内容の録音・動画撮影は固くお断りしております。
(カードやホロスコープの写真撮影・鑑定内容のメモはこの限りではありません)

これらは術者の技術情報保持や、占いという非日常体験を普遍化しないために
たいへん重要な項目ですので、ご協力お願い申し上げます。




ご予約・お問い合わせはこちらのアドレスまで。
kagayusaku@gmail.com


なんだか硬い文章になってしまいましたが、
実物は拍子抜けされるほどゆるゆるですので
どうか構えず、気軽にお問い合わせくださいませ。。

みなさまからのご相談をお待ちしております☆




加賀優作