2024/02/06

麻薬としての夢

 
「あなたにとって愛とは?」というパーソナルな質問をときどき受ける。

愚問!と一蹴していた時期もあったが、人間というのは他人の反応によって
自分自身のことを知りたがる、たいへんめんどくさい生き物であるから
質問に対してはできる限り、私なりの言葉に置き換えて答えるようにしている。
愛に迷える人とは、共に方略を考えたい。私自身もそうであるように。

愛については、「さみしさに似た喜び」と形容することにしている。
誰かに語った身の上話が「愛のなせる行為だ」と評されるとき
すべてのエピソードに必ずその感覚が伴っているからだ。
わざわざ鷹の目で、人との関わりの中にさみしさや、剰え
そこへ喜びを見出そうとしているわけではないが
誰かを真剣に思うとき、私の心はすこしさみしくて、そして喜んでいる。
心は脳にあるはずなのに、胸の少し左、心臓のあたりが昂るのだ。

自分の名前を自ら検索し、他人が自分について言及しているさまを調べることを
エゴサーチ、略してエゴサと呼ぶが、私はエゴサを頑なにやらない。
「こんなこと書かれてますよ」と告げ口をしてくる者とも、距離を置いている。
検索せねば出て来ぬ話なぞ、醜聞と相場が決まっているし、実際そうだからである。

しかし先日、私はその禁を破り「加賀優作」という文字列を検索ワードにしてみた。

そもそも私は「キャラを作り演じる」という底意のもと活動している人間ではないし
大抵の日常や変わった話などは、このブログや各種媒体で発信しているためか
予想に反して大した悪口は書かれておらず、まあ
取るに足らない憶測が飛び交っているだけであった。

と同時に、予想を裏切らずしっかり現存していたというか
「よくもまあ何年も飽きずに私への執着を持ち続けていられるものだ」と
逆にこちらが感心してしまう女性が1名いる。いや、まだいた。
そこから私を知り鑑定に来てくださった方もいらっしゃるので
いまとなっては、なんならむしろ、感謝しているくらいだ

どんな風に書かれているかなど、無意味なのでここには記さないが
文章構成や妄想の結びつけ方、それを書き起こさんとする異様な過集中ぶりから
彼女が、いわゆる「頭がお気の毒な方」であることは一目瞭然であり
先述のとおり私は、外野から自分がなにを言われているのかに、まったく興味がないため
粘着されるに至った経緯はよく分からないのだが、おそらく元恋人と破局を迎えた
2021年あたりに「見つかってしまった」であろうと思われる。

私と共に彼女からの中傷を受けていた知人による情報提供で
顔や名前などの個人情報はいちおう、把握しているのだが
いかんせん陽性症状MAX「無敵の人」であるから、被害届も受理されないし
多方面からの訴えも徒労に終わるだろう。
そして、ああいう類の人間には魔術が効かない!

守るもの・失うものがない人って、ほんとうに、無敵なのだ。

月日は平等であるから、こちらも三十路を超えいい歳になると心持ちも変わる。
確かに、3年に渡り、根も葉もない妄想で私を貶めんとする彼女の行いは、悪質である。
だが、彼女だけでなく、彼女があのような精神状態に陥っても、なお
アクセスができてしまう、このインターネットにも、問題があるのではないか。
いまの私には、そう思えてならない。

私への誹謗中傷に時折、ほんの少しだけ混じる、彼女のノイズからは
潰えたであろう夢や、あるはずだった未来への悔恨が見受けられる。
あるいは、なりたい者になれなかった絶望、過ぎゆくがまま堰き止められぬ有限の時間。
正気まで失うくらいだ、さぞや無念であったことだろう。

「あなたにとって愛とは?」と、彼女に質問してみたくなる。

GACKT氏との妄想結婚を発表し、炎上した女性が記憶に新しい。
あの手の話題はもはやお察しというか、あんまり触れてやるなよという世界である。
文章構成はガッツリ「頭がお気の毒な方」のそれであったし(なぜああも似通うのだろうか?)
花嫁を示す欄に、GACKT氏の名が記されていたのには思わず失笑してしまったが
彼女の過去の投稿や、偽造された婚姻届の筆跡を見る限り、まあまあ
お育ちはそこまで悪くないというか、ある程度の教養はあったのかもしれないと感じた。
愛するがゆえにか、狂いゆく道すがらGACKT氏に出会ってしまったのか。

いずれにしても、ちょっと昔なら即刻、座敷牢に放り込まれるような者たちである。
哀れなものよ。

これは、あくまで個人的な見解だけれども
「いままでやってきたことにはなんの意味も価値もなかった」
悟ってしまったとき、人は狂うのだと思う。
そして、妄想を繰り広げ他者を攻撃することによってもたらされる、ドーパミンの快楽に耽溺する。

私を中傷する者は、加賀優作という麻薬の快楽に夢中になっている、というわけだ。
そして同じように、この世がおかしくあり続ける限り、私の違和感もまた、輝き続ける。

失礼な人を、正当防衛の名の下にこきおろすのが大好きな私としては
明日は我が身である。くわばらくわばら。




Shine on you.

2024/02/04

運命の五叉路

 
ここ以外の場所はなんだか

巻き戻してる映画だってひとり頷く

あと一歩前へ進めば分かるの?

それともあと一歩退がればいいの?


これは音楽ユニットglobeの「とにかく無性に…」という曲の一節だが

初めてこの曲を聴いたときの、これまでの人生の違和感が言語化されるかのような

カタルシスめいた感覚が忘れられない。

いまでも聴き返しては、その余韻に浸るほどだ。

ここまで書くとほとんどネタバレだが、映画「メメント」を観た際にも

同じような衝撃を受けた。


「とにかく無性に…」のリリースは2000年6月14日、そして

「メメント」の公開は2000年9月3日(日本では2001年11月3日)であるから

当時のエンターテインメントには「洗練と退廃の90年代の集大成」的な

雰囲気が醸成されていた気がする。あくまで、9歳10歳のガキんちょの体感でしかないが。


過去と、その連続性としての現在と、見え透いているようで不確定な未来。


宇宙の最高傑作こと、お花畑スピリチュアル界隈の方々が擦りに擦り尽くしている鉄板ネタ

「引き寄せの法則」も、よくよく紐解いていくと、実際にやらんとしているのは

引き寄せることではなく「現在の軌道を微調整していく」作業と言えるだろう。

望む未来を口を開けて待つのではなく、自らをその未来に寄せていくというわけだ。

このあたりの綾を分かっている人とは、畑違いでも話が弾む。


ところで、聡明な読者諸氏は「願いが叶いやすい人」と「叶いづらい人」の違い

あるいは、「運がいい人」と「運が悪い人」の違いと言い換えてもいい。

これをご存知だろうか?


答えは実に単純明快なのだが、人間は迷う生き物である。

迷っているときに人生に関わる大きな決定は下さぬほうが良い。

私が32年の人生経験において得た教訓のひとつだ。


答えはPatreonか、鑑定で。





Shine on you.

2024/01/30

"Be strong, Mitsuko."


 「他人は見たいものしか見ない」

言わずもがなというか、当たり前の真理であるので
いつしか私は「見られてもいいものしか見せない」という選択をするようになった。

とはいえ、思い入れのある事柄へ軽率に言及されたり
手間暇をかけて作り上げたものを乱雑に扱われるのは
悲しいというか、ただただ空しい。

つい先日は、Instagram上で、課金プラットフォームPatreon登録者限定と銘打って
ライヴ配信を試みたのだが、私にとってはまさに試金石というか
「誰が真のファンなのか」でなく「誰がファンの皮を被ったフリーローダーなのか」
それをハッキリと炙り出させる回であったと言えるだろう。

ログを残さなくともアーカイヴは残り、そこからダウンロードすればいいだけの
シンプルな作業であったのだが、みなさまご存知の通り、私は性格が悪い故
私をオモチャにしてくる人らで、逆に、遊んでみたくなった。

「見られてもいいものしか見せない」を一瞬だけ、解いてみたわけである。
「これは誰にでも見られていいものではないですからね」という内容で。

まず、事前告知の段階で「後援会(便宜上そう呼んでいる)限定」と銘打ったうえで
開始時刻のアンケートをとる。この時点で、反応した非会員をすべてマークする。
なぜなら、彼らのために催すイベントではないという自覚がない・または
そもそも文字を読んでいない=今後、私の発信するコンテンツが響かない。
という評価ができるからだ。

そして、約1時間の配信の随所に、古くから「加賀優作後援会」と呼ばれている
いわゆる「分かっている方々」への言及を散りばめる。
これはデコイでもなんでもない、純然たる本心からくる感謝の表明である。

今回は外国人へのアプローチは不要であったので英語は用いなかった。
なぜなら、彼らはすでにフリーローダーでしかないと実証済みであるからだ。
得体の知れぬサイトで無賃視聴したAVで昂り、私の発信を読み取ろうともせず
私のホームゲームにズカズカと土足で踏み込み独自のルールを主張してくる。

ニコニコと愛想を振り撒くおすまし人形、彼らにとって私はそれ以上でも以下でもない。
けっきょく、「好都合なエロいアジア人」でしかないのだ。


彼らに期待することなどなにもない。時折垂れ流してやる用済みの切れ端を
後生大事に、味のないガムのように、ただしゃぶり続けているがいい。
私は、そういう連中の、日本人バージョンを突き止めたかった。

 もう、私を値踏みする人間に蹂躙されるのは、うんざりなのだ。

とにかく、あの配信の内容をまともに聞いていたならば
私を支えてくださる方々や、私への敬意が一欠片でもあったならば
「非会員なのに視聴できている状況」に疑問を抱くことなく
いいねを押したり、ましてコメントやDMをするなど、できるはずがないのだ。
即刻削除しリロード不可能、というアリアドネの糸まで垂らしたにも関わらず。

「アップされてるー見ちゃお」程度の動機であったかもしれない。
持ちうる限りの性善説をもってしても「限定なのに上がってる加賀さん優しい~」が限界だ。
あるいは、それにすら考え至ることなく肌色に目を奪われていたのか。

最初の真理に戻るが、「他人は見たいものしか見ない」。
これに基づき、私は断腸の思いで、見てほしくない他人を遠ざけた。
「私が見たい人」だけを残したわけである。
遠ざけた人の中には、長期間フォローしている人も含まれていた。
だが、それが、何だというのか?
悪意のあるなしなど、この段階では、もはや、なんの意味も成さない。
真意を汲み取ろうとしない、説いても聞かない、禁じても止めない。

正直、迷惑である。
1時間15,000円で顧客と向き合う私にとって、それは、看過できぬ営業妨害なのだ。

私は、伊達や酔狂で、偽名を名乗り、私生活を犠牲にして
全世界に生き恥を晒しているわけではない。
ここで「なぜそこまでして?」と思った者は、勉強不足だ。出直せ。
私はいたるところで、ネット上で存在し続けようとする目的について語っている。

占星術の観点でいうと現在は、過去に別れを告げる者と、未来を創る者が交差する時期にある。
私のような個体は、その両者の流動性を確保する役割を担う。

芸事に気儘は、困る。それは私も、フリーローダーも同じこと。
私は、自らの専門分野に関してはいつだって本気だ。
なぜなら、それらがかろうじて、実体のない私を、私たらしめているからだ。
気儘にやっている片手間な奴らを、ひとりずつ引っ叩いて回りたいくらいである。

私は、あいつらの、暇潰しじゃない。
ゆるいとおせ。

余談だが、唇の形態が怪我によって崩れてしまった旨の投稿をして
それをヒアルロン酸注入で補い「薄くなっていた唇に厚みが出て嬉しい」
と語ったことがある。
その直後に自称ファンから言われた言葉が、いまでも忘れられない。

「加賀さんのその、うっっっっすい唇が好きです!」

 ね。馬鹿馬鹿しくなってくるでしょう?




Shine on you.

2024/01/22

Idol in the screen tryna defend myself


「世の中バカばっかりで疲れません?」とは桃井かおりの名言だが
私もまたそれに同意したくなる日々を過ごしていた。
「なんでこんな簡単なことも分からないの?」と。
実際に相手へ言い放てば2秒でモラハラ認定を食らい血祭りの生け贄にされるところだが
そこまで私は迂闊ではない。心の中だけの不良性としてそっと蓄積させ、腐敗させ
赦しが芽吹く瞬間のための苗床にする。私は良くも悪くも、優しいから。

優しい人間が割を食う理由、それは、自分のためでなく
身近な者や大義にとって不都合となり得る真実を遮蔽できるからだと思う。
そして同じように、我が身可愛さだけで他人を貶め
周囲の品位すら下げかねぬ嘘を用いる人間を、即座に看破できるから。

「玄人のお人好しは、馬鹿もおんなじことぜよ」とは、映画 陽暉楼の台詞だが
私はいつまで経っても馬鹿のままである。私が虫唾が走るほど嫌っている「自己責任論」は
提唱者たち自らが凋落していくことによってようやく衰退の兆しをみせつつあるが
その反動なのか、他責思考を正当化せんとする勢力が台頭してきている流れも同時に感じる。

「私は悪くない。私のせいじゃない。私がこうなったのは誰々の・社会の敗北。」

なんとも陳腐で拡がりのない、豊かさとは縁遠いものの捉え方であろうか。
道化てはオモチャとなり、理解者然としてはサンドバッグとなり
澄ましてはアクセサリーとなる私にとっては、まったく別次元の価値観である。
百歩譲って、何者かの企みや、組織のシステムによって不利益を被ったとしても
私は、レジスタンスを示さず泣き寝入りするなどという選択はしない。
とりあえず一矢報いようと藻搔いてみるだろう。その結果がどう転ぶかはまた別として。

食事の際の「いただきます」はなんのために唱えているのか。
作り手への感謝、もちろんそれもあるだろう。だが根源にあるのは
食物となった命を「無駄死ににさせない」という弔いの心である。

話を始めのほうに戻すと、昨年半ばから、私なりの優しさの表現型のひとつとして
私を値踏みし雑に扱ってくる者、所謂「多くて疲れるバカ」に対して
徹底的に中指を突き立て、彼らの矛盾を詳らかにし、自己の正当性でなく
相手の欺瞞性を指摘してきた。これまでも同じようなことをやってきたが、どちらかといえば
優しさより、見せしめにする快楽に浸りたい欲望のほうが先行していた感は否めない。

動機が変わると、後味も変わる。長年の友人や、ただ無邪気に私を消費する者に
「私に対するその言動は私を不快にする、やめてほしい」とバッサリ斬るとき
なんとも言えぬ心地の悪い余韻が残るのだ。
美味しく食ってやったと満足げな内臓の中で蠢く食中毒菌にでもなった気分である。
当然、そんな危険因子はそばに置いておきたくない(いやお前らだろというツッコミは控えておく)
であろうから、彼らは私から離れ視界からも消えていくわけだが
「いただきます」・「ごちそうさま」を言われなかった食物に
もし人格が宿ったとしたら、こんな気持ちになるのだろうかと想像する。

「そんなことばっかやってたら、孤独になっちゃうよ」と、味方を失った者が
負け惜しみのように吐き捨ててくる。ほう。上等じゃない。
私は孤独がどんなものか、よく知っている。味方を失う程度などでは全然足りない。
孤独とは、誰にも打ち明けることなく墓場まで持っていく秘密だ。
そして、そんな素振りなど微塵も見せず、静かにたたえる微笑みである。
ご指摘いただかなくとも、とっくに大親友ですよ、孤独とは。

ひとりぼっちになる程度のことを孤独と恐れて他人に脅迫までするような者は
百年の孤独でも水割りにしてちびちび啜り、悦に入っているがいい。

それがお似合いだ。




Shine on you.